親不知の歯医者での治療

歯医者で親不知をぬく

bing

親不知についての情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

歯医者さんで聞いた話

歯医者さんで、虫歯の治療が終わった時、親知らずを抜いたほうが良いと勧められました。特に虫歯にもなっていないのに、何故と訊いたら、いろいろと教えてくれました。親知らずが痛み、腫れてくると、すぐに対処が出来ないそうです。一旦、抗生剤とか消炎剤を飲んで、腫れが引いてから治療になるので、結婚式の前とか妊娠中とかだと大変だからだと教えてくれました。その歯医者さんが言うには、根っこがまっすぐでちゃんと生えているなら、特に女性は早めに抜いておいた方が良いそうです。頬っぺたが腫れた花嫁にはなりたくないので、翌週に予約を取り抜いてもらいました。

親知らずが生えてきたら

親知らずは、生えてくる人もいれば、生えてこない人もいます。生えてくる人のほとんどが20歳前後です。私も大学生の頃、生え始めました。痛みに強い方でしたが、あまりの痛さに歯医者さんに駆け込みました。虫歯とまっすぐ生えていなかったので二本抜歯をしました。抜歯後少し痛みがありましたが、思っていたほど痛くはありませんでした。親知らずは虫歯になりやすく、また、現代人は顎が小さいので今まであった歯の奥に無理やり生えてくるので、ズキズキ痛むことが多いと思います。綺麗に生えてきてくれるなら問題ないが、まっすぐ生えていないとかみ合わせや歯並びに影響がでるので、歯医者さんに見てもらうことをお勧めします。

© Copyright 親不知の歯医者での治療. All rights reserved.